Blog

2019/06

あいち平和行進ニュース - 2019 No.12

原爆の灯とともに歩いた12日間
あいち平和行進、岐阜へ引き継がれる

11日(火)まとめ

●扶桑町→犬山→岐阜県コース 7.1㎞
 行進参加者 350人
 沿道募金 16,130円
 ヒバクシャ国際署名 192筆

町長・議長が揃い踏み 平和行進ともに参加する 扶桑町

最終日の出発集会は、扶桑町役場前で町長・議長がともに参加して開始しました。議長は、「核兵器を背景に経済戦争が起こっている。みなさんの活動に力になればと思う。」と行進団を激励。市会議員の高木さんは、扶桑町がアメリカの未臨界核実験に抗議の意見書を米国政府に送付したことを紹介しつつ、「北朝鮮には非核化を迫り、自らは近代化を図る、大変傲慢な態度だ。市民の声で跳ね返そう」と呼びかけました。扶桑町は、市長、副市長、議長、教育長など20名ほどが参加し行進団を激励しました。

犬山コープ前集会 犬山市長メッセージ

犬山での歓迎集会には、犬山のコープから冷たいスイカの差し入れ。日差しの暑さを吹っ飛ばす、美味しさにみなさん笑顔になります。
市長代理からのメッセージ代読。戦争のない、核兵器のない世界をめざしましょう。憲法の平和主義を実現させるためにがんばりましょうと話しました。被爆者の水野秋恵さんからあいさつ。犬山にいる被爆者の方がヒバクシャ国際署名を一人で1000筆集めていることを紹介しつつ、核兵器廃絶へ署名を大きく広げようと呼びかけました。そして行進団は岐阜に向けて出発しました。
犬山城近くの街道は、道の両側にお店が並ぶ観光地。観光客や街道にある商店のみなさんに署名をどんどん呼びかけ、みなさん快く応じてくれます。

原水爆禁止世界大会で会いましょう! 岐阜への引き継ぎ集会

引き継ぎ会場では100人を超える岐阜のみなさんがお出迎えしていただきいよいよ、12日間の愛知の行進の最終地点に到着です。愛知県内の行進到達が発表。参加者7000人、署名1950筆、募金34万円、折り鶴7万7800羽、ペナント175本。12日間あいち平和行進の先頭で灯しつづけた「原爆の火」が「原爆ゆるすまじ」をBGMに、「ありがとう原爆の火」と消灯していきました。岐阜県の行進団に全国リレー旗を託して、12日間のあいち平和行進が幕を閉じました。


≫ Read More

あいち平和行進ニュース「あるく」   2019/06/11   あいち平和行進

あいち平和行進ニュース - 2019 No.11

雨の中でも平和の声を響かせて名古屋市役所から元気に出発!!

10日(月)まとめ

①名古屋市役所→清須市→西春駅 コース
②大治町→あま市甚目寺コース
 行進参加 300人
 沿道募金 39,500円
 ヒバクシャ国際署名 166筆

◆名古屋市役所前での出発集会

2日続けての雨模様の中の出発となりました。出発集会で実行委員会代表の知崎さんは「米国の未臨界核実験に被爆国政府として抗議しなくてはいけない。しかし、安倍首相はアメリカ政府にべったり。禁止条約賛成の政府になるよう声を上げましょう。」とあいさつされ、岡田市会議員 からは「名古屋市として戦争体験を次世代に受け継いでいくため、昨年より体験者の講演をはじめている。自衛官募集閲覧で便宜を図り、名古屋港に自衛艦入港を許すなど『戦争する国づくりに』手を貸す市政を変えましょう。」と連帯のあいさつがありました。

◆美濃路では、多くの署名募金にご協力いただきました

地元実行委員会は行進案内と署名の依頼チラシを事前に配布した影響もあり、署名募金がたくさん集まりました。沿道で募金を持って行進を待つ市民の姿がありました。「戦時中、銃を作っていたが、米国のものと比べて明らかに悪かった。戦争には勝てないと思っていた。核兵器の恐ろしさは感じる。署名をします」などの対話が広がりました。

◆清須市歓迎・市長が行進に参加

歓迎あいさつした市長は、オリンピックの聖火リレーが清須にもくることを紹介しつつ「聖火リレーをきっかけに平和のことも考える機会にしたいです」と訴えました。清須市は、毎年小学生を広島に派遣する平和事業を行っています。
被爆者の高井さんからは「被爆から74年になる。核兵器廃絶をめざし、一緒にあるいてほしい」と激励がありました。

◆昨年に続いて議長・市長のあいさつ・メッセージ

あま東部コースは、大治町公民館「平和の像」前から始まります。出発集会では、昨年に続いて議長の横井さんがあいさつ。「私も戦争を知らない世代だが、平和を推進していきたい」と述べました。
休憩地点あま市甚目寺庁舎では、行進参加者全員による要請行動が行われました。市長からは「戦争の悲惨さや平和の尊さを再認識するため、今後も平和推進事業を継続していく」とのメッセージが寄せられています。
雨にも関わらず約50人が平和行進を盛り上げました。

◆平和への願いを折り鶴に込めて

北名古屋市の永遠の塔での集会では、教育長の吉田さんから、「中学生を広島に派遣している。中学生やすべての市民に平和を守る心がさらに深まることを願っている」とあいさつがありました。
また、新婦人西春支部から、たくさんの折り鶴が届けられました。

◆名古屋市、愛知県との懇談

愛知では2015年、大津橋に「戦争に関する資料館」が作られ、県内の小中学生への「戦争の語り部」派遣の事業も始まりました。昨年18年度には、ヒバクシャの体験を聞く取り組みが一回だけですが、追加されました。
毎年欠かさず、この平和行進・秋の2回、平和問題に絞った要請行動を取り組んできたからこそ、政権や地方議会の力関係が変わっても、「①核兵器の廃絶、②戦争はあってはならない」という基本的な立場を堅持され、遅遅としながらも平和行政の前進が作り出されていることに、確信を持ちました。
なお、平和教育をすすめる学校現場ですが、若い教師が多数となる中、学び方、伝え方の工夫が求められています。


6月11日(火)のコース

扶桑町役場(8:30-8:50)
石作公園(コープいぬやま東)(10:30-11:05)
各務原市民プール横(引継集会 12:10-12:30)

≫ Read More

あいち平和行進ニュース「あるく」   2019/06/10   あいち平和行進

あいち平和行進ニュース - 2019 No.10

雨の中、名古屋市内に核兵器をなくそうの声が響き渡る

9日(日)まとめ

◆名古屋市内集中14コース 合計のべ112㎞
 行進参加 1,800人
 ヒバクシャ国際署名 139筆

◆名古屋・栄でピースアクション

あいち平和行進10日目、名古屋市内の集中行進の終結地点、栄のオアシス21でピースアクションが行われました。

被爆者からは、ヒバクシャ国際署名を、世界で数億の目標を達成するために、被爆の実相を学び、大いに地域で広げて欲しい、また、原爆症認定裁判の最高裁でのたたかいへの支援の訴えもありました。F35核攻撃機の危険性への告発を県平和委員会からありました。今年、きょうされんの全国大会が愛知で開催されることから、障がい者の仲間がうたごえ協議会のメンバーと歌を披露してくれました。アクション終了後、伏見までヒバクシャを先頭に折り鶴平和行進が行われました。

●各コースからの報告

名東・千種コース

名東区の一社を100人でスタート。今池公園で平和マラソンの参加者とエールを交換し、一致団結して歩みをすすめました。新栄町では、アメリカ国籍の若い女性が「核兵器廃絶への想いは一緒です。参加してもいいですか?」と飛び入り参加。他にも障がい者施設で働く男性も飛び入り参加しました。

昭和区コース

区内のいくつかの保育園の職員が参加し、若い参加者が目立ちます。今年から新たに参加した園の参加者は、ハトの絵に核兵器なくそうのプラカードを作り参加しました。行進の最後にはプロスノーボーダーの青年が飛び込み参加。「戦争ってダメだし、核兵器はなくさないといけないと思う。平和のことをしたいと思っていたので、参加させてもらいました」と感想を語っていました。

南区コース

南区集中行進の参加数は集会のみ参加の方含め90名でした。行進参加は雨の影響もあり昨年より減少しました。集会は高橋前市会議員、名南病院早川副理事長、名南健康友の会、年金者組合、ファルマネット、南区革新の会から発言がありました。

緑区コース

緑区の集会は、沢田昭二さん〈被爆者、原水協理事長〉や高井さん(被爆者、ノーモアヒバクシャ訴訟原告)があいさつ。新しいコースで人通りの多い徳重駅周辺を歩き、アピールしました。「青い空は」を歌いながら歩きました。最後は近藤昭一議員も一緒に歩きました。

中川区コース

中川区役所で集会を行い、金山まで行進しました。参加団体はタクシー会社の労働組合や年金者組合、新婦人、西部民商、障がい者の施設のメンバーが参加しました。延べ参加人数は70人で、沿道での署名の数は20筆でした。行進をしていて感じたことは、車に乗っている人からの応援が多かったことです。

東区コース

建中寺公園で集まった集会には19名が集まり、参加者みんながマイクをもって訴えました。コースを新しく変えたこともあり、行進団と沿道の市民の距離が縮まり、雰囲気のよい行進となりました。

天白コース

コープあいちの職員がたくさん参加していただき、若い参加者が目立つ行進となりした。障がい者が利用するホットハムは毎年参加。「戦時中差別されたことを2度と繰り返さないために参加しています」と本人、家族、職員が参加しています。コープの人たちがカレーを作ってくれたり、地域の人が植田公園でお茶出ししてくれたりと、みんなが参加する平和行進となりました。

瑞穂区コース

区内を歩き、東海共同印刷で昼食交流会を行うなど全体で62人でした。アナウンサーは新瑞福祉会の若い青年の声が街を響かせます。事前に署名と行進の案内を配布したものに対し、100通ぐらいが返信されてきました。うれしい思いを共有し、元気に行進を終えました。

港区コース

港区平和と憲法を守る港区連絡会の代表開会挨拶。
各職場からの報告と沖縄の平和行進に参加した全港湾名古屋支部のメンバーから報告がありました。
例年並の約80名の行進者となりました
名古屋港の港橋から六番町交差点まで2時間近くかけての行進、お年よりも子どもの参加者も平和を訴え、力強く行進を行いました。

熱田コース

雨も降って、参加者が減少してしまいましたが36人が元気に行進しました。出発前にうたごえの武藤さんが音頭をとって、ピースコールの練習を行ったこともあり、コールはみなさん揃って沿道のみなさんに呼びかけることができました。

中村コース

中村公園を出発した基幹コース、参加は160人でした。署名を訴えた中で、「私は長崎の被爆三世。核兵器は無くさないといけません」と、署名に応じてくれました。

西北コース

北区の上飯田南公園を出発したコース(参加180人)は、地域の保育園の子ども達や、障がい者の方もたくさん参加し、賑やかなコースです。昼食休憩では、障がい者の仲間のうたごえ、清須の乙女座のみなさん、地域の太鼓サークル講座の演奏があり、楽しみました。
西区からは、昼食休憩で北区からのコースに合流する組と、中村区コースに合流する組があり、40人の参加でした。

平和大好きマラソン

20人が参加した、平和マラソンは、39㎞、24㎞、11㎞の3コース。今年は88才になる熱田空襲の体験者のお話を聞きながらお参りをしました。「平和でないとスポーツはできない」この想いで、今後もとりくみたいと思います。


6月10日(月)のコース

①名古屋市役所(8:10-8:30)
 枇杷島公園(9:30-9:40)
 清須市役所(10:40-11:10)
 清洲城ふるさとのやかた(12:10-13:10)
 春日庁舎(14:20-14:30)
 永遠の塔(15:30-16:00)
 西春駅西公園(16:30-16:45)
②大治町公民館平和の像前(8:45-9:15)
 あま市甚目寺支所(10:30-10:45)
 清洲城ふるさとのやかたに合流(12:10-13:10)

≫ Read More

あいち平和行進ニュース「あるく」   2019/06/09   あいち平和行進

あいち平和行進ニュース - 2019 No.9

基地のまちに平和の声をひびかせて 平和行進は行く!

8日(土)まとめ

●小牧市→春日井市(小牧市桃花台~豊山町~春日井(春日井弾薬庫))
 4コース合流 勝川駅 → 春日井市役所 合計22.5キロ
 行進参加 250人
 沿道募金 約25,000円
 ヒバクシャ国際署名 111筆

◆小牧市役所前集会

小牧市役所前での出発集会には120人が参加。勇壮な和太鼓演奏に始まり、コープあいち・平和やまぼうしの会から主催者挨拶。小牧市の課長と議会事務局長から、小牧市は、1982年に核兵器廃絶に関する決議、平和首長会議への加入、ヒバクシャ国際署名に署名している、核兵器廃絶を願う思いは一緒との激励挨拶がありました。

小牧基地申し入れ集会

小牧基地近くの川沿いで小牧新婦人がおしぼりとお茶の接待を受け休憩。すずかけ作業所からは10名の仲間が参加。「ちいちゃんのかげおくり」という絵本を題材に平和について学んだことが、報告されました。

5名の代表団が、小牧基地におもむき、集会で決議した内容について、基地への申し入れをおこないました。
その後、昭和自動車学校前で豊山コースの人達と合流。

◆豊山町コース

約20人が参加。一宮新婦人の通し行進の加藤さん、鍵井さんも参加し、集会ではこれまでの感想や思いを語ってもらいました。豊山町役場の総務課長から「みなさんと一歩一歩が平和への道となるよう、応援していきます」と挨拶がありました。

◆桃花台コース

桃花台区長会会長の小柳さんから、核大国の「抑止力論」を批判。世代を超えて世界に広がる運動が核兵器禁止条約を生み出した。そのことに確信を持とうと力強い挨拶がありました。チラシをみて参加された方も、広島の原爆ドーム近くで育った。平和のために参加した「心情的右翼です」と。
参加者は32名、年金者組合の96歳の女性が折った2000羽の折り鶴が届けられました。

◆高蔵寺弾薬庫コース

今日は行進するには風もあり絶好の行進日和の中60人の参加でスタートしました。

行進中は皆元気よく歌を歌いながら沿道の人や車の人へ核兵器廃絶をアピール。手を振ってくれる方など、外へ出てきてくれる方もいて励まされました。

高蔵寺弾薬庫では、弾薬庫のなどを申し入れし、皆で元気よく平和への想いを駐屯地へ向けてアピールしました。

◆春日井市終結集会

春日井市役所での終結集会には140名が参加。集会の冒頭は、地域のうたごえサークルの方の歌で始まり、会場も提供していただいた春日井市の総務部長さんは、半世紀をこえる活動に敬意を表します。春日井市は、2015年に平和都市宣言を行った。様々な機会をとらえて平和のための取り組みを行っていくと話されました。日本共産党議員団から、F35戦闘機の危険性、憲法9条改憲を阻止しようと訴えがあり、被爆者の水野さんから、ヒバクシャ国際署名は世界で数億の目標で取り組んでいる、これまでのやり方をこえた取り組みを行おう、癌を患った被爆者が限られた命で何ができるかと問いかけ、署名を3000筆近く集めていることを紹介されました。国際青年リレー行進者のガリレオさんから、青年こそが平和をもたらす主体であると力強く呼びかけられました。


≫ Read More

あいち平和行進ニュース「あるく」   2019/06/08   あいち平和行進

あいち平和行進ニュース - 2019 No.8

非核平和自治体の銀座通りを通過

7日(金)まとめ

●津島市→愛西市→稲沢コース
 行進参加 250人
 沿道募金 32,300円
 ヒバクシャ国際署名 106筆
●豊明コース
 行進参加者50人

◆市長、議長がともにあるく 津島

雨の降る残念な天気でしたが、行進団は津島市役所にあつまり出発集会を行いました。集会では、市長、議長から激励のあいさつをそれぞれ受けました。市長は「核兵器廃絶へみなさんの運動が必要となっています」と激励を受けました。平和行進に市長、議長がともに参加していただき、「一歩でも二歩でも一緒に歩きましょう」と沿道に呼びかけました。

◆すべての議員が署名に賛同 愛西市

愛西市では、市長、議長の代理が歓迎のあいさつを行いました。議長は、平和行政を報告しながら「今年、市長、副市長、教育長、そして全ての議員が『ヒバクシャ国際署名』にサインしました。みなさんの声が世界に届いていくのではないかと思います」と発言。市内の施設8カ所で平和コーナーを設置し市民から折り鶴を集めていること、またその折り鶴を広島の平和式典に届けていることも紹介されました。

◆世界大会・署名に支持賛同 稲沢市

稲沢市では、こちらも市長、議長が歓迎のあいさつ。本日すべての自治体で、世界大会とヒバクシャ国際署名に支持賛同していただいています。市長は「皆さんの運動と同じく一歩一歩前進し、核兵器廃絶実現へ努力したい」と発言。議長は「多くの命を奪われた被爆国として世界に核廃絶を訴える責任があります。平和憲法の精神を伝えるのは地方自治の本文です」と行進団を激励していただきました。行進団に、折り鶴、稲沢市2000羽、一宮1000羽、年金者7000羽、新婦人8000羽が手渡されました。

◆とよあけコース

とよあけ平和行進は歩き始めて17回目の行進になります。出発集会では、豊明市長から、「日本は世界で唯一の被爆国です。平和を訴え、核兵器をなくすというアピール。こういった一歩一歩の行動が世界を変える。日本がやらないと、日本に住む我々がやらないといけない、若い人にも受け継いでいくということが必要」と熱い激励をいただきました。行進はゆたか作業所の人たちも参加、総勢50人で雨にも負けず歩き切りました。

◆全国通し行進 小林和江さん

私は富士山のある静岡県からきました。静岡は焼津があります。3・1ビキニです。被爆した第五福竜丸が帰ってきた所です。乗組員の久保山愛吉さんが9月23日に亡くなりました。被爆者は私を最後にしてと言葉を残されました。奥様のスズさんは核兵器を無くす運動をしっかりされました。その心を静岡でうけついでいます。そのスズさんと共に核兵器なくそうと平和行進をしています。スズさんの名の鈴をならして、共に元気に行進しましょう。


6月8日(土)のコース

①小牧市役所(8:20-9:00)
 小牧基地(10:40)
 美濃町公民館(昼食、12:20-13:10)
 JR勝川駅(合流式)(14:00-14:20)
 春日井市役所(15:30~16:10)
②春日井東部市民センター(9:00-9:30)
 高蔵寺弾薬庫正門(11:15-11:45)
 JR高蔵寺駅(昼食・電車移動、12:30~13:30)
 JR勝川駅で合流13:50
③小牧東部市民センター(8:50-9:15)
 古雅4丁目(バス移動)
 小牧原駅(電車移動)
 牛山駅
 小牧基地で合流(10:40)
④豊山町役場庁舎(10:00~10:30)
 エアーフロントオアシス(10:30)
 昭和自動車前で①に合流
⑤中村公園(10:00-10:10)
 中川センター(11:30-13:45)

≫ Read More

あいち平和行進ニュース「あるく」   2019/06/07   あいち平和行進