Blog

2021/06

6月11日 平和行進 最終日

犬山城と木曽川を臨む絶景の中 愛知から岐阜へ引継ぎ集会

6月11日(金)のまとめ

●扶桑町役場~犬山市役所 ●岐阜県への引き継ぎ(犬山城前)

 ◆参加者のべ 107人  ◆ペナント結集 26本  ◆折り鶴 3620羽

◆「日本政府に署名・批准求める」署名 99筆  ◆募金 24000円  

扶桑町役場玄関で参加者が20人、町職員は町長、議長含め16人が参加してくれました。町長は、「平和の発信は大事なことです」と激励メあいさつ。扶桑町の日本共産党町議・高木さんは、「日本政府に核兵器禁止条約への参加を求めましょう」と訴えました。平和委員会の福島さんが、平和行進で引き続き訴えていくことの大切さを話しました。その後、役場前から町長、議長も先頭の横断幕を一緒に持って、少しの距離でしたが、平和行進を行いました。


犬山市では市役所内の会議室で歓迎集会を22人参加のもとに行いました。議会中なので、職員の方が代理で市長メッセージを読み上げ、「平和行進が人の心に平和の砦を築くことになる」とあいさつされました。市長、議長から。署名、賛同募金をいただきました。

さらに、折鶴4500羽、署名97筆、ペナント20、募金11000円が寄せられました。新婦人では折鶴を一年間かけて取り組んだことを紹介しました。


あいち平和行進、12日間の最後は犬山城での集会です。

共同連絡会を代表して澤田代表は、国連での平和規範をつくる努力が強まっていることを紹介しながら、自分たちの未来は自分たちで切り開こうと呼びかけました。愛友会金本理事長は、愛知県の被爆者運動を牽引してきた堀三郎さん、鬼頭駿さんが亡くなり、実相を伝えることがいよいよ重要と、話しました。コープあいちの竹本さんは、コープ全組合員で署名にとりくみ15000筆に達していると報告。その後、国民平和大行進の横断幕が愛知から岐阜に引き継がれました。

岐阜県から、被団協の木戸さんがあいさつ。被団協運動は、人類を救う運動であったと語り、被爆者運動の果たした役割の大きさを強調しました。


愛知から岐阜への引継ぎ集会には、著名な被爆者が「そろい踏み」であいさつしました。沢田昭二名大名誉教授、金本弘愛友会理事長、木戸季市日本被団協事務局長。この地域が、平和運動で、有力な指導者を輩出してきた証左です。

≫ Read More

  2021/06/11   あいち平和行進

香流川から矢田川の河川敷をおひとり様平和行進

平和行進が名古屋市内で行われている6月6日、朝早く(7:40am)出発して、名東区の自宅近くの香流川から矢田川の河川敷を歩いて、北区の上飯田(12:00am)まで小雨の中、緑の平原の中を「核兵器禁止条約に参加しよう」というお気に入りの小旗をかかげて歩きました。途中、ベンチを見つけて2回休憩しました。私は青信号の間に交差点をわたるのが遅いので、信号の無い自然の中はのんびりとしていて気持ちが良かったです。

この道は自転車でよく利用した道で、通りすがりに市民の平和な生活の息吹を感じました。日曜日は散歩する人、ランニングする人、数人からなる自転車隊、いくつかの少年野球チームの練習、大人の野球大会などがあるところを小旗をかかげて歩きました。

過去に何回もこの道を利用していると、たまに自衛隊の行軍訓練に出くわすことがありました。私は自然の緑が好きで、子供の頃、遠くの緑を見るとは目が良くなる(科学的根拠は?です)と言われたものでした。ところが自衛隊のどす黒い迷彩色には怖さを感じ、この景色にマッチせず、その時は、精神のやすらぎがこわされました。

道路の橋の下はいつもテニスやバドミントン、ボード、ダンスの練習をしているのを見かけるところですが、雨のため、3人の大人の人がすわって見えたので写真を取ってもらいました。昼近くに晴れて来て、天神橋緑地のベンチで持参した弁当を食べました。(名東区、大森和彦)

≫ Read More

  2021/06/11   あいち平和行進

6月10日 平和行進11日目

歴史と伝統・感動あふれたあいち平和行進

6月10日(木)のまとめ

●岩倉市役所~千秋病院~一宮市役所葵公園~江南市役所~大口町役場

 ◆参加者のべ 125人  ◆ペナント結集 75本   ◆折り鶴 26677羽

◆「日本政府に署名・批准求める」署名 305筆  ◆募金 77686円   

10日の行進のスタートは岩倉駅噴水前で集会。尾張健友会の渡辺さんの司会で開始。久保田市長と伊藤議長の世界大会支持賛同署名と「日本政府に求める署名」がいただけたと紹介があり大いに励まされました。そして署名・カンパ・ペナントの授与式を行い、参加団体から次々スピーチしながらスタンディング。新婦人・年金者組合・尾張健友会・岩倉9条の会から「平和が大好き」「平和でなきゃ生きていけない」「地道に活動を続けたい」などと訴えました。


10時からは千秋病院駐車場で37人が集まって集会。千秋病院の暮らし平和委員会の上平さんが「核兵器禁止条約発効は私たちを大きく励ましてくれています。日本政府に条約への参加を迫りましょう。参加できなければ参加する政府を私たちの手で作りましょう。」と力強い挨拶に一同大変励まされました。そのあと手に手に持ち寄った折り鶴・ペナント・募金授与後、記念撮影をして、近くの交差点に行ってスタンディング。千秋病院で作った大きな横断幕を掲げ道行く人や車にアピールしました。


12時からは、一宮市役所横の葵公園です。一宮市役所総合政策部の長谷川さんからご挨拶をいただきました。「一宮市は、1945年7月に二度も空襲を受けた経験から、平和のための取り組みに力を入れてきました。当市は、世間に先駆けて平和都市宣言を行っています。またこの7月には、26年前の小学生がこしらえて埋めた平和のためのタイムカプセルを開ける行事を行います。」と大変興味深いお話をいただきました。

今回は、どこでも折り鶴が非常にたくさん届けられます。ここでは、大変小型の整然とそろった鶴や、チラシから折り重ねられた鶴などユニークな千羽鶴も混じっていました。

 

江南市役所では教育長の歓迎と激励のあいさつに続いて、被爆者の伊藤さんのお話が大変胸を打ちました。「原爆で9人の家族が6人殺されて3人で生きてきました。病気がちで大変苦しいです。今愛知県には1700人の被爆者がいますが、毎年100人ずつ亡くなっています。私たちのような苦しい人生を誰にもしてほしくありません。政府に核兵器禁止条約への参加を求めたいんです」と切々と訴えました。


今日のいい話

太陽がじりじり照りつけ今年最高の暑さとなった10日。平和行進もいよいよ最終版。一宮市役所横の公園には全く日影がなく猛暑の中での集会。しかし参加者はとても元気で保育園時代に組合役員を一緒に頑張った仲間との出会いや、出身校の話にも花が咲くなど暑さを忘れる瞬間もありました。集会後の昼食は豪華な一宮市役所の11階の食堂で、全員冷やしうどんやとろろうどんで火照った身体をしっかり冷やしました。

≫ Read More

  2021/06/10   あいち平和行進

6月11日は扶桑・犬山~岐阜県へ引き継ぎ

6月11日、いよいよ最終日のあいち平和行進は、

8:30~9:00 扶桑町役場

10:30~11:00 犬山市役所

13:30~14:00 犬山城前で岐阜県へ引き継ぎ

です。

 

≫ Read More

  2021/06/10   あいち平和行進

6月9日 平和行進10日目

《非核都市宣言ギンザ》を行く尾張南部の平和行進

6月9日(水)のまとめ

●津島市役所~愛西市役所~稲沢市役所~蟹江町役場

 ◆参加者 のべ160人  ◆ペナント結集 96本  ◆折り鶴 29700羽

◆「日本政府に署名・批准求める」署名 30筆  ◆募金 35670円  

津島市の集会には、40人の市民が参加。市側からも10人の職員が平和行進を出迎えました。

「核兵器禁止条約の発効で一人一人の命と安全を最優先することを目指す時代に入った。」との杉山津島革新懇代表の開会あいさつで始まった集会では、次いで日比市長があいさつ。「一瞬のうちに世の中や、市民の生活を変えてしまう核兵器をなくすことの必要性を訴えるものとして、1982年3月に核兵器禁止都市宣言を採決しました。この精神を実行するため平和のつどいを行っています。コツコツ続けることで地球が長く存続することを願っています」と語りました。加藤議長は「その精神に則り、これからも努力を続けます」と述べました。

その後、市長・議長を先頭に市役所敷地内を行進。その後今市場交差点でスタンディングし、行きかう市民や車にアピールしました。


毎年、たくさんの折り鶴が寄せられる稲沢市。今年も各団体から2万4千羽が寄せられました。70人が参加した市役所前での集会では、加藤市長が「唯一の被爆国として禁止条約に参加すべきと思っているが、世界的にはまだまだ核兵器をなくすまでには至ってない」と世界の現状に触れ「《非核平和都市宣言》自治体として、平和展など平和活動にこれからも取り組んでいきたい」と挨拶。木村議長は「平和憲法の精神を市民生活に反映することが大切」と語りました。


愛西市は文化会館ロビーで歓迎会開催。市民と市側から合わせて35人が参加。日永市長がメッセージを寄せ代読されました。その中で「2005年9月に《非核平和都市宣言》後、毎年8月に行う平和祈念週間(8月6日~15日)での《原爆と人間パネル展示》をあげ「広島や長崎の悲劇を繰り返さない、武力で人の命が失われることがない世界を願います」との思いを寄せました。また島田市議会議長は「被爆の事実を後世に伝えていかなくてはならない」と語りました。

地元からは、年金者組合の水野寿里さんが「平和学習の地道な活動こそが大事で、市民の一人として頑張りたい。来年こそはコロナを超えて、愛西市を平和行進したいと思っています」と希望を語りました。


蟹江町では、市長・議長・政策推進室室長・課長と応接室で懇談。お茶も出されて歓迎を受け、平和への思いが熱く語られました。


今日のいい話

最初の津島市の集会・記念写真が終了後、宣伝カーのところに大きな箱を持った男性が来て、「これ今朝収穫したトマトです。みなさんで食べてください」と名刺とともに差し出してくれました。見ると《西尾張農民連代表》と書かれており、真っ赤に熟れたトマトをたくさんいただきました。

≫ Read More

  2021/06/09   あいち平和行進